D.B.E遊撃隊

ここはニュースサイト D.B.Eの下部組織です。トップページはこちら

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンケル黄帝液の名前の由来は独飛行機メーカー「ユンカース」?

ユンカース - Wikipedia

例によって、Wikipediaの書きかけ記事…ということで半信半疑の目でみつつ。

佐藤製薬のドリンク剤、ユンケルシリーズの名前の由来はこのユンカースからきている。



教えてユンケル#a01#a01

公式サイトのFAQを見る限り、独逸語であることは認めつつそれ以上のことは言及していません。やっぱりドイツの飛行機というと鍵十字と容易に結びつくから遠慮してるんでしょうか(ドイツ語サイトも斜め読みしたけど同じ、ってむこうだと余計に危険ですね。あの時代の話は)。

新聞記事文庫 : 大阪毎日新聞 1928.1.3-1928.1.8

確かに、戦前の新聞記事とか見るとユンカースをユンケルと表記しておるわけですが。

発見!ドイツのお菓子大集合!Frozen Heart

で、こんなページを見かけたり。

若干説明と公式の歴史が違うかもなあとも思いますが、これはやっぱり、いわゆる黒歴史なんでしょうか。とりあえず、そこら辺の事実に関しては真偽を保留しつつ、ネタの提起まで。
スポンサーサイト

コメント

医師の名前?

検索から辿り着きました。
過去の記事にコメントつけていいものかどうか迷いましたが・・・。

「ユンケル」ですが、幕末~明治初期に欧米の技術や学問を取り入れるために採用された「お雇い外国人」の中に、「フェルディナント・アダルベルト・ユンケル」という名のオーストリア人医師がいました。
もしかしたら、こちらが由来ですかね?
検索では、Wikipediaとそのデータベースを利用したサイトの当該項目に名前があるのみで詳細不明、あとは数冊の著作があるようだという以上のことは判りませんでしたが。
オーストリアは独逸語圏ですし、医師の名前が栄養ドリンクの名前の由来となれば、飛行機メーカーよりは説得力があると思います。

まぁ、本当のところは佐藤製薬さんに聞くしかないですけど(笑)

コメントありがとうございます。
そんなお雇い外国人がいたんですね。確かに、ジャンル的にはこちらのほうが近いです。

ただ、佐藤製薬の設立が1939年(創業に遡っても1915年らしい:公式サイトより)で、お雇い外国人が活躍した時代からだいぶ後、むしろナチスドイツと日本がなかよしこよし(本音など知らない)であった時代であることを考えると、お雇い外国人説よりは「つおいドイツのつおい飛行機を作ってる会社」にあやかった、という方に行き着く要素のほうが強い、ような、気も少し。

って、大元のウィキペディアにあった記述が削除されてやがんの…はたしてただの電波だったんだかなんなんだか(苦笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bohshi.blog13.fc2.com/tb.php/634-55d50950

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

  リンクは本サイトに集約します。

APPENDIX

FC2Ad

   
  アクセスカウンター

あわせて読みたい

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。