D.B.E遊撃隊

ここはニュースサイト D.B.Eの下部組織です。トップページはこちら

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャックを「社会の窓」と言う起源についてご存じな方、そのワケを教えてください

チャックを「社会の窓」と言う起源についてご存じな方、そのワケを教えてください。
よろしく御願いします。


Q.「なぜ「社会の窓」って呼ぶの?」

昭和20年代から30年代にかけて、NHKの「社会の窓」というラジオ番組が流行っていた。この番組は、社会の矛盾を暴き出すという社会派の内容。
その内容から、「大事なものが隠されている場所」という連想がはたらき、あの部分のことを「社会の窓」と呼ぶようになった。
「社会の窓」は、当時の流行語にもなっている。



最近はそんな言い方しなくなった、というか単に表立って指摘されないようになってるなあ、という感もいたしますが(そもそも、頻繁に指摘されるほど開いているわけがない、というかいたらヤバいですね、いい年して)、小学校のときのからかい文句としては定着していたなあ、と(別に私のズボンが頻繁に全開になっていたわけではなく、私の通っていた学校における一般的な、という意味です)。確かに少々時代がかった言い方、という感じもしますが、これだけ古い由来があったんですねえ。よく言い残ってる(あるいは、平成一ケタ台までは生き残っていた)よなあ。
スポンサーサイト

コメント

関連があるかどうか不明だが、
英語で「社会の」はpublic。
「恥骨の、陰部の」はpubic。
この相似に気づいた学生あたりが茶化して言い出した
(上記のラジオ番組に引っかけた)、
という可能性も考えられなくはない。

ありがとうございます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa481283.html
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/onehalf-circus/chambre/savoir/liste/17.html

これらのページにはその説も書いてありますね。確かに、番組名からいきなり連想しうるか、というと少々難易度が高いんじゃないかという点と、当時の学生ならそういう引っ掛けとか好きそう(単なる印象ですが)という点からすれば、番組からの直接の連想ではなくて単語の類似というワンクッションが入ってる、と考えるのが自然なのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bohshi.blog13.fc2.com/tb.php/1350-f83b300b

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

  リンクは本サイトに集約します。

APPENDIX

FC2Ad

   
  アクセスカウンター

あわせて読みたい

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。