FC2ブログ

D.B.E遊撃隊

ここはニュースサイト D.B.Eの下部組織です。トップページはこちら

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大容量の一括録画装置、販売差し止め認める 大阪地裁

大容量の一括録画装置、販売差し止め認める 大阪地裁

いつもその週にあった時事ネタを解説してくださる、現代著作権の教官のお話。

・被告の主張は、「サーバーをマンション内一箇所に集めているだけ(サーバー内の領域は各住民独立に占有している)であり、操作は各住民が行っているので私的複製」

・しかし、実際にはサーバーは大容量のもの一つ、チューナーは共有=マンション管理者が録画の主体と認定(これがもし、小さいサーバーというかHDDを各戸独立して持っていて、それがマンションの一室に集められている形態なら判断は違ったかもしれない)

・よって、多数の住民に録画したものを送ってるんだから著作隣接権を侵害。

・差止請求まで認めたのは、侵害の蓋然性が高いにもかかわらず、どのマンションにこのシステムが入っているか一見しただけではわからないから。

・著作権絡みの裁判になったら真っ先に現われるはずのJASRACとかレコード協会が訴訟に参加していないのは、仮に私的複製だと認定されてもその場合保証金が入るため、別に損はしないから

なお、以上の話は教官が「まだ新聞記事を読んだだけで、判例全文を手に入れていないので不正確かもしれませんが」と前置きして話した談話を劣等盆暗管理人が聞いてから15時間もあとに書いたものであり、正確性とかに関しては保障しません。あしからず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bohshi.blog13.fc2.com/tb.php/112-f184eb3c

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

  リンクは本サイトに集約します。

APPENDIX

FC2Ad

   
  アクセスカウンター

あわせて読みたい

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。