D.B.E遊撃隊

ここはニュースサイト D.B.Eの下部組織です。トップページはこちら

2006-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WikipediaのU-234の項の記述が色々と怪しすぎる件

U-234 - Wikipedia

MURAJIさんの戯れ言、2月23日参照。

何がおかしいかは本分とMURAJIさんのところを読んでもらえばわかると思いますが…

なんか、我が帝國は終戦の3日前に原爆実験に成功していたらしいですよ?

…なんというか、ネタとしてステキだ。ステキすぎる。
スポンサーサイト

「レイダース」や「トゥームレイダー」のような財宝を守るために仕掛けられたトラップというのは本当にあったのでしょうか。

「レイダース」や「トゥームレイダー」のような財宝を守るために仕掛けられたトラップというのは本当にあったのでしょうか。

浪漫ですよね。回転しながらこっちに迫ってくる大岩とか、そこに嫌生物が棲んでる落とし穴とか。

ああ、こんな怪しげな罠満載の墓に眠りたい。その前に怪しげな罠満載の洋館に隠棲したい。もちろんメイドさんつきで。

外国人の方で「ん」から始まる名前を持つ方がいますが,そういう方のフルネームとアルファベット表記を教えてください

外国人の方で「ん」から始まる名前を持つ方がいますが,そういう方のフルネームとアルファベット表記を教えてください

しりとりという遊戯を破壊するものとして賢しらぶった子供が嬉々として口にする言葉、「チャドの首都はンジャメナ」。その日本語ではありえない読みに、子供心に世界の広さを思ったものです。あんまり思ってなかったけど。

でまあ、当然地名であるくらいだから日常会話、人名でもンから始まるものが向こうにあってもおかしくないわけで。

というか、エムボマとかムベキ大統領とかニカウさんとか現地読みではそうだったのか。まあ確かに、日本でなら日本語読みするしなあ。

真?折田先生2006

…さて。2月上旬、私は例年より早い折田先生の出現を皆さんにお伝えしました。

折田先生2006~折田大仏~

そこで私が見たのは、総人図書館前の「折田大仏」。その後、この像が何者かにより破壊されたことを追記したことも覚えておられる方もおられるかと思います。

その中に、某掲示板(2ちゃんではない)などで「今回の折田大仏は今まで折田先生を作っていたグループのものではない」などの説がたち、「本来の製作者グループはまだ製作中で、例年と同じ時期に”真の”折田先生像が出現するかもしれない」といった話も出ていました。

…で。その例年の時期、受験当日。やっぱり気になって折田先生を讃える会さんを見に行ったならば。そして、その後大学へ急行したならば(雨だったから一日置いたけど)。

n_ori068.jpg


……あー。

n_ori061.jpg


…本当に、出現してた…

n_ori063.jpg

n_ori062.jpg

n_ori065.jpg


去年のスッパマンと同様の工法、同じ出現位置、時期。やっぱり、こちらが「真・折田先生像」なんでしょうか。

確かに、完成度の点からいうとこちらの方がかなり高いのは否定できませんし。

n_ori064.jpg

n_ori066.jpg

n_ori067.jpg


何より、お約束の注意書きとその裏の謎写真も健在。

ということで、「誰が折田大仏を破壊したか」とかの話はさておき、今年は二体の折田先生を目にするという割と信じられない事態が起きてしまいました。
ややこしい話は抜いてネタとしてみるならばもう、なんかわけわからないぞ、と。

あとはついでに11月祭事務局の看板が面白かったので。
n_ori069.jpg

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

  リンクは本サイトに集約します。

APPENDIX

FC2Ad

   
  アクセスカウンター

あわせて読みたい

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。